長生村は、2021年に開催された東京オリンピック組織委員会の取り組み「⽇本の⽊材活⽤リレー ~みんなで作る選⼿村ビレッジプラザ~」に参加し、無償で木材を提供した。
取り組みの意図は、「全国の⽊材で⼀つの建物を作ることで、オールジャパンの⼤会参画を実現し、各地の⽊材を建物の様々な箇所に使うことで多様性と調和を表現。また、全国の⾃治体から無償で借り受けた⽊材を使⽤して建設し、⼤会後に解体された⽊材を各⾃治体で公共施設などでレガシーとして活⽤すること」である。

長生村の木材はサーフィン会場で使用され、解体された木材でテーブルとイスを「長生村ながいきフェスタ」(2021年11月5日開催)のワークショップ・ステージイベントにて制作。再加工し、JR八積駅併設の「長生村コミュニティセンター」1階コミュニティスペースに設置。

63自治体の中で、福島県は木材最多量の113㎥を提供。その他静岡県や大分県日田市等全国各地で取り組みが行われていたことが分かる。

近くの公共施設で、レガシーとして活用されている家具や建物があるか調べてみてはいかがだろうか。

東京 2020 組織委員会 日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~
全国 63 自治体から提供いただいた木材の返却を開始
https://www.kyozon-kyoei.metro.tokyo.lg.jp/2021/11/cc4cbc7920d0eff09039eea963e94f0d84e94306.pdf
「選手村ビレッジプラザ」における木材利用の取組
https://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/tokyo2020_kinokuni_villageplaza.html

◆福島県
東京オリンピック・パラリンピック関連施設に「ふくしま県産材」を提供しました
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36055c/villageplaza.html
◆静岡県
選手村ビレッジプラザ提供木材レガシー利用アイデア作品の贈呈式を行いました
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyoshigoto/ringyo/ringyoshinkou/1040842/1047860.html
◆大分県日田市
東京オリンピック・パラリンピック施設への日田材提供の取組み
https://www.city.hita.oita.jp/soshiki/norinshinkobu/ringyoshinkoka/ringyoshinko/sangyo/ringyo/10606.html