自治体で発行されるグリーンボンドとは地方債の一種ですが、地球温暖化や気候変動など、環境分野への取組みのために発行される債券です。

2017年に東京都で導入されたのを初めとして、2020年度に神奈川県、長野県が導入し、2022年度には兵庫県が導入を決めました。

長野県では、グリーンボンドにより調達した資金を、次の事業へ充当することが予定されています。

{A3475122-3BF1-42EC-8BEE-B18DE5126C62}.png

今後も実績が積まれていくと多くの都道府県などで導入が進むことが予測されます。

【参考資料】
・神奈川県HP:
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v6g/greenbond2.html

・長野県HP
https://www.pref.nagano.lg.jp/zaisei/ir/greenbond.html