例規中で、必要な措置をすることを書くときに「措置を講ずる」と「措置を講じる」のどちらが適切なのかな?

○ 法令データベースで調べてみると、「講ずる」が多く用いられているようだ。

「講ずる」という単語が含む 法律=1,129件 政省令=472件 告示=518件

「講じる」という単語が含む 法律=10件 政省令=117件 告示=196件

※D1-law.com調べ

「講ずる」は、「講じない 講じます 講ずる 講ずるとき 講ずれば 講じろ」と活用するサ行変格活用の動詞で、どちらかといえば書き言葉に多く用いられているようだ。

「講じる」は、「講じない 講じます 講じる 講じるとき 講じれば 講じろ」と活用するサ行上一段活用の動詞で、どちらかといえば話し言葉に多く用いられているようだ。

「講ずる」と「講じる」の一方が正しく他方が誤りということではなく、法令や公用文は書き言葉で定められることが多いので「講ずる」が用いられているようだ。

公用文作成において、特段どちらでもよいように思えますね。

ちなみに下記告示は「講じる」と「講ずる」が混在している・・・

「通知カード及び個人番号カードに関する技術的基準」 平成27年9月18日号外総務省告示第314号

ク 委託先事業者等において通知カードの作成に係る端末機を操作した履歴を記録させ、通知カードの作成委託簿等との照合、通知カード(発行前の通知カードを含む。コにおいて同じ。)の管理状況及び通知カードに記載するデータの管理状況についての確認等を行わせる等、適切な業務を実施するための措置を講じること。

ケ 委託先事業者等に対し、磁気ディスクの使用後の速やかな返却、転送したデータの使用後の速やかな消去等を行わせる等、当該データの利用を通知カードの作成に限定するための措置を講ずること。